商品検索

お問合せダイアル
TEL:075-203-6514
FAX:075-202-8503
展覧会のご案内
【3月18日更新】
展覧会のご案内
うるし工房体験
漆工房見学・体験ができます。

←この日も営業しておりますが、発送は原則しておりません。

クリックで救える命がある

当店ではセキュリティに対してセコムトラストネットと、レンタルサーバー大手ワダックスが提携して提供するサービスを利用しております

お食い初めPDFファイル

PDF形式のファイルをご覧頂くにはAdobe社Acrobat Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロードページへ

Twitterツイッター

Facebookフェイスブック

オンラインショップマスターズクラブ

当店はお客様からより信頼されるお店をめざし、オンラインショップマスターズクラブに入会しております

お食い初め

お食い初め・食べ初め・お喰い初め・食い始め・箸初め

呼び方はいろいろあるけれど、願う思いは同じ…

赤ちゃんの百日(100日)のお祝いは京都「うつわ日和」祝膳食器セットで

お食い初め-赤ちゃんの健やかな成長を祝う

お食い初めトップページ>>通販>>お食い初めあれこれ

●お食い初めのお膳をお急ぎの方、即日発送いたします。即納ご希望の方まずはご一報ください。
急ぎの家紋入れも承ります。

●お食い初めに関するお問い合わせなどは、土、日、祝日もお電話、メール、FAXで伺っております。
TEL075-203-6514 FAX075-202-8503(午前8時00分から午後8時00分)
メールでのお問合せ >> (24時間受付)

●FAX、メールでのご注文も承っております。

ファックス注文書(24時間受付) FAX注文詳細

メールでのご注文はこちらから>> 

海外発送について 詳しくはこちら>>

●原則として土日祝を除く、5営業日以内に発送いたします。(家紋入れはおおよそ5日〜10日のお時間を頂いております)

 

■昭和8年当時のお食い初め(お食べ初め)の祝膳

祝膳 祝膳 祝膳

京都は西陣、北野天満宮近くのお宅へお邪魔しました。

昭和7年生まれのご主人の祝膳だそうです。

拝見させていただいた日はご主人はお留守で、奥様に伺うことになりました。
桐箱に確かに祝膳と書かれ、裏にはお食い初めの日付昭和8年一月二十五日と書かれています。

お膳は総朱の器であることから、当然ですが男児用です。
黒漆で家紋である九曜が描かれています。
こちらのご主人のために新調されたようです。箱の裏にもそう書いていますね。

器は飯椀だけであとは蓋が二枚のみです。
奥様にお聞きすると、いつ頃から無くなったのか記憶にないとのことでした。

今は使われることは無く、私がお邪魔することになってわざわざ出してくださいました。
僭越でしたが、大切に残されることを申し上げてお宅を後にしました。

■うつわ日和店主のお食い初めの思い出

 小学生の頃、
物置で遊んでいて 片隅に箱を見つけた。

 開けると、 中には朱色のお膳と器が大切にしまわれていた。

 見憶えのある器だった。

 赤ちゃんの頃のアルバムに、 家族と一緒に写っていた器だった。

 私は朱色の器前で、 祖父の膝ので抱かれ
傍らには、祖母と父と母が…みんな笑顔だった。

 蓋を閉め、外に遊びに行った。

 

 二十歳を過ぎて、 久しぶりに 実家に帰ったとき
古い本を整理していると、 古びた箱を見つけた。

 小学生だった頃の記憶がよみがえった。

 母に、『これ何?』と聞くと
『あなたのお食い初めの時のお膳よ』と答えが返ってきた。

このページのトップに戻る

Copyright (c) 2006 UTSUWA-BIYORI. All rights reserved.