商品検索

お問合せダイアル
TEL:075-203-6514
FAX:075-202-8503
お食い初め
赤ちゃんの健やかな成長を祝うお食い初め(百日祝い)のお膳はうつわ日和で
展覧会のご案内
【3月18日更新】
展覧会のご案内
うるし工房体験
漆工房見学・体験ができます。

←この日も営業しておりますが、原則発送はしておりません。


クリックで救える命がある

Twittwrツィッター

Facebookフェイスブック

オンラインショップマスターズクラブ

当店はお客様からより信頼されるお店をめざし、オンラインショップマスターズクラブに入会しております

当店ではセキュリティに対してセコムトラストネットと、レンタルサーバー大手ワダックスが提携して提供するサービスを利用しております

「うつわ日和」は漆器 陶器金属工芸など京都の伝統工芸品の 通信販売オンラインショップです

使用前

器の糸底(器が直接テーブルの上と接する面)にざらつきが残っている場合があります。大切なテーブルなどへのキズを防ぐためにも、テーブルクロスやテーブルマットをご使用なされることをおすすめいたします。気になるようでしたらサンドペーパーで磨いていただければと思います。 水につける

陶器の器は土の粒子と粒子の間にすき間があり、吸水性が高くそのすき間に水分や、成分で器の色が変わることがあります。これも風合いがでて陶器の楽しみのひとつですが、ご使用前に水を入れた鍋で30分ほど煮沸しください。目の粗い土は、米のとぎ汁で煮沸すれば、隙間を埋めることができます。

煮沸後は完全に水分を乾かして収納してください。

使用後

十分に乾かして収納することが、長く美しさを保つ秘訣です。陶器の器に油物の料理を盛るとシミができたり、ニオイが残ったりします。できれば料理を盛る前に陶器の器を水につけることをお勧めします。器の裏や高台の周り、四方など四角形の器の隅は汚れが残りやすいので念入りに洗ってください。

陶器は長時間のつけ置き洗いは避けてください。 また、最後に熱いお湯を通すことで汚もしっかり落ち、乾きも早くなります。 上絵は強くこすると絵付がはがれやすく、金彩や銀彩が施してあるものは傷つきやすいので、柔らかいスポンジなどを使って優しく洗ってください。 陶器は吸水性が高くいので 洗った後、生乾きのままですぐにしまうとニオイやカビの原因になります。 十分に乾燥させてしまってください。

電子レンジの使用

上絵付が施されている器。 特に金彩や銀彩の器を電子レンジで使用すると黒く変色したり、スパークをおこします。 ご使用にならないでください。

このページのトップに戻る

Copyright (c) 2006 UTSUWA-BIYORI. All rights reserved.